2013年04月17日

Gishki Deck Destruction!!

今日は海外の記事でも紹介されたデッキのお話をしようかと思います。

モンスター(13枚)
王立魔法図書館×3枚
シャドウ・リチュア×3枚
ヴィジョン・リチュア×2枚
イビリチュア・マインドオーガス×2枚
イビリチュア・ソウルオーガ×3枚

魔法(27枚)
無の煉獄×3枚
魔法石の採掘×2枚
打ち出の小槌
成金ゴブリン×3枚
手札抹殺
手札断殺×3枚
強欲なウツボ×3枚
一時休戦
暗黒界の取引
リチュアの儀水鏡×3枚
トレード・イン×3枚
サルベージ×3枚

罠(0枚)

リチュアデッキレス.PNG



●プレイの仕方
紹介されていたものは前制限のもので、一時休戦が3枚搭載されており、圧倒的な安定感を持っています。
対して図書館が1枚だったので、ここをそっくり入れ替えた形となっています。

目指すところは手札抹殺の連続発動によるデッキ破壊です。
序盤〜中盤においてやることが決まっています。決められたチェックポイントを通過しつつ、事故を起こさなければループの完成です。
なんと今回はチェック項目を用意してあります!

・可能な限り多くデッキを掘り進めるように魔法を唱える事
 先にサーチできるだけやってからドロースペルを唱えると、新たなドロースペルを唱える確立が上がります。
 そういった行動を的確に行えればよいのです。次に進みましょう。

・王立魔法図書館を訪れる
 魔術の英知が集まる魔法図書館には新たな魔法を得るヒントが隠されています。
 我々が唱えるべき未知の魔法がここで見つかります。
 次に進みましょう。

・ドロール&ロックバード、エフェクトヴェーラーを発動されない
 これが一番難しいのです。
 我々は平和を愛する魔法使いです。戦闘を仕掛けて相手のライフを奪うなんてとんでもない!
 成金ゴブリンでライフを回復させたり、デッキを全て墓地に送る事で血を流さずに勝利したいのです。
 そんな心優しいプレイヤーですから、森でドロール&ロックバードに出会ったら道案内をしないといけませんね。呪文を唱えている場合ではありません。
 エフェクトヴェーラーに出会わない事は特に難しいでしょう。彼らが入っていないデッキを見つける方が難しい。
 彼らは我々が魔法図書館で探し当てたい新しい魔法を隠してしまうのです。

以上3項目が、このデッキを使う上で重要な事です。征竜を見かけたら速やかに立ち去りましょう。

ある程度呪文を唱えると、どうしてもデッキが薄くなってきます。
それがリチュアの禁断の儀式を行う合図です。
ソウルオーガはトレードインのコストでしかないので、これは割愛。
今回はマインドオーガスを呼び出します。
効果で戻すものは、優先的に『サルベージ』『手札抹殺』『成金ゴブリン』の三つで、それ以降は『無の煉獄』『トレードイン』が良いでしょう。デッキに戻すものはドロースペルであるべきなのです。
もしまだ魔法図書館が見えないようなら、サルベージを戻すよりも無の煉獄を優先する方が良いでしょう。

これらを乗り越えた先に、いよいよ最後の大魔法、手札抹殺を連続発動する事ができるのです。




●終盤、デッキ破壊!
リチュアの秘術により、ついに自分のデッキにドロースペルと墓地回収カードだけが残されます。
相手のデッキを刈り取る際の注意事項ももちろんあります。

・相手のデッキがない場合に手札抹殺は発動できない
 相手がドローする行為を行えない場合、相手にカードのドローを要求するカードを発動する事はできません。
 こうなった場合にも、マインドオーガスの力を使うことになります。
 要は相手のデッキを増やせば良いのです。

・図書館による手札補充は限りがある
 相手のデッキ全てに触れるので、もちろんどこからともなくエフェクトヴェーラーがやってくるのです。
 手札抹殺を魔法石の採掘で回収して撃つプランは非常に多くの手札を要求します。
 調子に乗って連打すると図書館から次に唱えるべき魔法を見つけることができなくなり、ただ墓地を肥やすだけになりかねません。
 相手デッキ枚数、相手の手札の枚数、自分の手札状況から判断して、一息にデッキを刈り取りましょう。



これらをクリアすると、誰も争うことなく勝利する事ができます。現実世界ではほぼ無理でしょう。
YGOproにて当デッキの練習代になったプレイヤーに感謝の言葉を。
これでワンキル成立するまでシングル戦にも関わらずサレンダーボタンをクリックしない彼らは強靭な精神力の持ち主であると思います。
posted by リア at 05:29| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月11日

使ったライロ

要望がありましたので。
征竜に3割、魔導に3厘取れれば良い方です。

モンスター(32枚)
冥府の使者ゴーズ
増殖するG×3枚
裁きの龍(ジャッジメント・ドラグーン)×3枚
ライトロード・モンク エイリン
ライトロード・マジシャン ライラ
ライトロード・ビースト ウォルフ×3枚
ライトロード・ハンター ライコウ×2枚
ライトロード・パラディン ジェイン
ライトロード・ドルイド オルクス
ライトロード・サモナー ルミナス×3枚
ライトロード・ウォリアー ガロス
トラゴエディア×2枚
ゾンビキャリア
カオス・ソルジャー −開闢の使者−
カオス・ソーサラー
カードガンナー×2枚
オネスト
エフェクト・ヴェーラー×3枚
BF−精鋭のゼピュロス

魔法(7枚)
大嵐
死者蘇生
光の援軍
月の書
ソーラー・エクスチェンジ×3枚

罠(2枚)
ブレイクスルー・スキル×2枚

エクストラデッキ
No.16 色の支配者ショック・ルーラー
No.17 リバイス・ドラゴン
アームズ・エイド
エンシェント・ホーリー・ワイバーン
クリムゾン・ブレーダー
ジェムナイト・パール
スクラップ・ドラゴン
セイクリッド・トレミスM7
セイクリッド・ヒアデス
ラヴァルバル・チェイン
輝光子パラディオス
虚空海竜リヴァイエール
恐牙狼 ダイヤウルフ
迅雷の騎士ガイアドラグーン
天狼王 ブルー・セイリオス

サイドデッキ
サイクロン×3枚
ドロール&ロックバード×3枚
王宮の鉄壁×3枚
強制脱出装置×2枚
転生の予言
霊滅術師 カイクウ×3枚

第六回岡山CS使用ライトロード.PNG

●征竜戦で意識する事
征竜の基本であるエクシーズによる状況打開を出来ない状況に持ち込む事が一番大切です。

・放置すれば死ぬモンスターを盾にG、ヴェーラー、ブレイクスルーによる迎撃を行う。
・ルミナスの展開パターンの派生であるリヴァイエールブレーダーを叩き込む。
・ショックルーラーによる完全制圧

この3点を基本的な勝ち筋として見ていきます。
一つ目は具体的には裁きを素早く投げてGで後続確保しなさいって事なんですが、それにはソラエク援軍を何枚撃てるかとか絡むので相当厳しいです。
二つ目のブレーダーパターンはキャリア、開闢、ソーサラーが絡まないと出来ないので、それを持っている事とルミナスを必要枚数構えている事前提です。
三つ目はヴェーラーされたら諦めましょう。ウォルフによるアクシデントがあれば結構すぐ出ますし、それ故の事故覚悟のウォルフ3です。

相当厳しい条件で、3割程度取れれば良いほうとうのはこのためです。
サイド後は上記の方法に鉄壁を守ってビートダウンが追加されます。



●魔導戦

無理なので諦めましょう。
神判がなければ互角の勝負ですが、神判ある時はまず勝てません。考えるだけ無駄です。
また、神判を使われたのに勝てたという場合、相手が下手か自分がそれを上回る手札を持てた可能性があります。
僕が一本とっているのは間違いなく後者です。月当てて裁き3投している事からそれがわかるかと思います。

サイドの魔導メタは正直ライロに合ってないので、このまま使う事をオススメしません。意味がないと思いますね。



●ヴェルズ戦

ライコウとルミナスの使い方次第です。今回征竜にも魔導にもプレイしにくいライコウが2枚なのはこのためです。
セイクリッドヒアデスはそのために採用しております。

これが一番重要なのですが、一方的な試合展開の場合を除き、基本的に敗因に大きく絡むのはヴェルズバハムートです。



●3炎星戦

ライコウとトラゴエディアの本領を見せるところです。
また、ユウシを攻撃する場合は可能な限りカードガンナートラゴのセットで行いたいところです。
この組み合わせの良いところは、天旋2枚か天旋ヴェーラーのどちらかがないと完全に防げないところで、通った場合にはショックルーラーで魔法かモンスターを潰して黙らせる事が可能であるからです。
正直ユウシの効果で設置される天機はどうでもいいのです。問題になるようなカードは爆発のそれだけです。



●マーメイル戦

今の環境でこのデッキ使ってる人は相当ヤバイと思うので何にも考えてませんし、上にいけば次第に当たらなくなりますから考えなくて良いです。
当たったら負けると思います。ここら辺は捨てないと話しにならないくらい↑の連中が無理なので。



とまあ、そんな感じです。
正直言うと、普段征竜使ってるし、多分今環境でライトロードは、考えはしますが使うのはこれっきりだと思います。

国内最終予選に行くことがあるなら、その時はソーラーエクスチェンジを発動するとは思いますけどね。
posted by リア at 19:17| Comment(2) | デッキレシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月03日

岡山行ってきました

前日ホテルにて使用許可が下りたのでライトロード使いました。
A:タクト(征竜)
B:けーあい(ヴェルズ)
C:俺(ライトロード)

一回戦
オニツカだよりさん(征竜)

1.
先攻ソラエク×2でライトロード揃う最高の出だし。
手札が裁き裁きGGヴェーラーガンナーとかで、ガンナー伏せ。
バーナーにG投げて相手止めて終わり。
裁き出してワンパン。
返しブラスター効果にG。悩んで相手止めてエンド。
裁き効果通って二枚目の裁き見せたとこで投了。

2.
レドックス出してエンド。
とりあえずエイリンで攻撃して帰ってもらう。
続いてギガンテックファイター出されて殴られる。迷ったけど、墓地落す速度早めたかったのでオネスト。
するとオネストのテキスト忘れてたらしくもっかい殴られて追加で1600ダメ入る。
ライコウ設置してエイリン守備。
ターン返してドラゴサック。これにはヴェーラー。エイリン戦闘破壊のみでエンド。
ここでキャリアをドロー。相手が初動のファイターにヴェーラー消費していたのもあり、ライコウ反転からルミナス召喚。ウォルフを墓地から出してキャリア効果でクリムゾンブレーダーを作りドラゴサックを一刀両断。エンドフェイズでゼピュロス落ちる。
ブレーダー効果中なのでそのままエンド。
ルミナス効果でウォルフ出して、ゼピュロスでルミナスバック、ライラ召喚でショックルーラー。効果通って相手投了。

2-0。チーム3-0で勝ち。



二回戦
ふっさーさん(征竜)

1.
開闢出すしかなくなってビッグアイに持ってかれて負け。
序盤にリアクタン効果にG使ったせいで開闢まで行った際の防御がなくなったのが敗因だったと思います。

2.
鉄壁後にブラスターを無理やりガロスオネストで倒して、これで解決が嵐か、蘇生込みのドラゴサックくらいだと思ったらなんとトップで蘇生!
鉄壁割られた上から竜の群れに蹂躙されて死亡。
こちらの次のドローは脱出だったので、本当にワンドローの差でした。
一応ラストドローで援軍からのダブルウォルフかましたんですけど、ヴェーラーもあったりでどうにもならなかったです。

相手が上手かったですね。

0-2、チーム0-3で負け。



三回戦
メモ用紙なくしてHNわかりません(征竜)

1.
何も引かないまま死んだと思います。

2.
鉄壁発動して、サックに脱出、スクラップにヴェーラーと当てた後、ルミナスガロスキャリアと使ってのセイリオスで無理やり処理。
後にクリムゾンブレーダー出されたものの、ヒアデスで処理して勝ち。

3.先攻相手なにもなし。
俺援軍ソラエク×2でウォルフまで出て、ルミナスにヴェーラーをもらい、G無視でゼピュロス裁きを追加。一気に7700削る。場をチェインウォルフに整理してエンド。
スタンバイにG投下。何を残しても詰むので、オネストかヴェーラー辺り引ければってとこだったのですが、引けども引けどもライトロード。
相手の最後のクリムゾンブレーダーでようやくヴェーラーを引いて投げる。
仕方なく相手エンド超再生。8ドロー後にもう一回撃たれて、デッキ5枚で3枚目撃てない上にヴェーラー引かず、裁きで浄化して勝ち。
ビッグアイでチェイン奪われた理由が属性さっぱり揃ってなかったかららしく、最初から全色あったらそれはそれでやばかったと思います。
一応ヴェーラー3枚ない限り確定で勝ちでした。すげぇ大雑把な試合!(俺Gで12枚近く、相手Gで6枚くらい、超再生で16枚ドローしてる)

2-1、チーム3-0で勝ち。



四回戦
キノ君(魔導)

知り合い増えてきたからそろそろ誰か踏むと思ってたらゆずき君とキノ君の姿が;^ω^)

1.
墓地ライトロード3種なのに気付いてやべぇって思ってたらジョウゲンに蓋される。蘇生早撃ちしていてよかった。
ブレイクスルー、月はあったのでトーラ抜けて処理できるので、どうにかライロあと1枚落せないかと思ってるうちにライフ1800。
ラストドローで援軍!ライラをサーチして墓地にライトロードが揃う。
ライラにゲーテもらって、月からプレイ。通って、手札で眠っていた裁きの龍三枚を全部叩きつけて勝ち。

2.
初動で落す手段がほぼ皆無で神判スタートされ、なにもできずそのまま死亡。

3.
神判ブンされた次のドローでドロールを引く。サイド1枚ミスしたのがここで響いて泣きたくなる。
数ポイントライフ削ったものの、成す術なく負け。

1-2、チーム負けで終わり。



魔導戦を全然やっていなくて、それが響いたなーって感じでした。サイド後の想定もなにもかも合っていない。そんな感じで負けちゃったので本当に申し訳なかった。
一人デッキパワーが低いものを使わせてもらう許可くれたけーあいさんとタクト君には感謝しています。ありがとう。
posted by リア at 07:55| Comment(1) | 大会結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする