2015年12月15日

【遊戯王】遊戯王で嗜むヴィンテージ

お久しぶりです。
遊戯王を辞めてから早いもので一年が経ちました。依然として制限リストや新しいカードの知識は拾っているのですが、現実ではMTG一本です。
さて、そんな僕がなぜ今回このブログを更新しようと思ったかと言いますと、巷で流行の「ゲートボール」と称した旧環境のデッキを構築して対戦する遊戯王とはまた別の固有フォーマットがあっても良いのではないかという事で、一つそういった環境を提起しようという目的からです。
先日、MTGでは「ヴィンテージ神決定戦」なる、MTGに存在する全てのカードを用いた構築戦が開催されました。
同様に遊戯王でも《全て》のカードを使える構築戦があるならどうなるか?と言うのは、考え出すと結論が出ない話題でもあるのです。

●遊戯王におけるヴィンテージ
本家MTGにおいてのヴィンテージは、同様に販売直後からの全てのカードを使用できるレガシーにおいて使用禁止に指定されているカードですら1枚制限で使用できるフォーマットです(厳密には専用に制限リストがあるのですが、興味がある方はMTGwikiで調べてください)
それを遊戯王で再現するとして、どういった形が望ましいのでしょうか?
まずは枠組みがないとフォーマットは存在できないので、それを組み立てようと思います。

・禁止カード
マッチの勝敗を決定する効果を持つカード、及び、公式大会において使用できないとの表記のあるカード
(例)ヴィクトリー・ドラゴン、勝利の方程式

・制限カード
現行制限リストにおいて、禁止、及び制限カードに指定されているもの。

・準制限カード
なし

現行制限リストにおいて、準制限カードに指定されているものに関しては全て3枚まで使用できます。

まずはこういった環境の柱になる制限リストを用意してみました。
リストも何も、外部サイトに頼りきった非常に手抜きなものなのですが、そこはご容赦いただきたい。

そしてルール面においては、現行の遊戯王OCGのルールや裁定に従うものとします。
ダーク・ダイブ・ボンバー等のテキストが変更になったカードは変更になったまま使用するべきです。

ではなぜ準制限カードを用意しないかという点ですが、準制限カードを指定する最大の問題点として
、特殊フォーマットでのデッキリストのチェックが漏れないようにするためです。
2枚とかを設けるとややこしい事この上ないのです。
停戦協定2枚とか書かれたとして、どこの制限かわからないといえば理解していただけると思います。

次回更新機会があればレシピに関して触れていければと思います。
posted by リア at 20:53| Comment(0) | 遊戯王 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする