2016年04月03日

イニストラードを覆う影、カード評価的な

お久しぶりですという書き始めの記事ももう何度目でしょうか。お久しぶりです。

MTGはダイアリーノートを主に利用しているプレイヤーが多く、自分もそうしようかと思ったのですが、それはまだしばらく先の話になりそうです(メールアドレスをフリーメールのものしか持っていないので登録できないのです!)

さて、世間では桜の花も開いてきた頃かと存じますが、ことMTGでは西洋ホラーの世界イニストラードの再訪が始まりました。
そこで、今回は自分のメモも兼ねて、テストプレイで強いと思ったカードを羅列しようかと思います。



・石の宣告
イニストラードを覆う影で最も使われるであろうと勝手に思っています。
アグロ〜ミッドレンジのようなビートダウン戦略においては、相手のブロッカーを排除しながら畳み掛ける戦略に非常にマッチしています。

・精神壊しの悪魔
ほとんどの黒いデッキをコントロールからミッドレンジに変える程に強力な飛行生物で、高揚した場合には圧倒的なパワーを持ちます。
タフネス5は単独でアヴァシンに討ち取らせず、闇の掌握や衰滅を避ける強さがあるのは包囲サイと変わりませんし、トランプルでチャンプブロックも許さないのが素晴らしい。

・死の宿敵、ソリン
ニクシリスをそのまま強化した性能で、ニクシリスの+1は自分のライフが減りますが、ソリンの+1は相手のライフが減ります。
ソリンの-1は使い切りにしてしまう事でソリン被りをしても使い捨てる事が可能です。続く二枚目のソリンの脅威を排除しながら、同時に+1でアドバンテージ差を広げられる点から、ソリンだけでデッキが成立しています。

・ヴェストヴェイルの修道院/不敬の皇子オーメンダール
パワー9は龍王アタルカと殴り合って勝つ数字です。しかも回復します。
1年半、どのデッキでも見かけることになると思います。対応できなければそのまま負ける土地がスタンにある恐ろしさというやつです。
ランプにすら入りそうですね。

・秘密の解明者、ジェイス
最初ニクシリスより微妙かもと思っていた節があるんですが、-2が初期忠誠から二回使えるので、非常にコントロールにマッチしたPWだと思います。ジェイス被りがあるとしても、すぐに見かけるようになると思います。

・ウルヴェンワルドのハイドラ
弱い原始のタイタンは、つまるところ原始のタイタンなので強いのではないかと思っていたら、本当に中々強いです。
ランプではアタルカを単独で完封するハイパワーを発揮し、自身のテキストでウギンの聖域や精霊龍の安息地等の他のスペルに変わる土地をサーチできるので、ランプ特有の息切れを防止してくれます。
また尋常ならざるサイズなので修正除去にも強く、クリーチャーでありながら巨森の預言者、ニッサのような土地を参照するカードのテキストをしっかりサポートします。

・末永く
末永くは、複数の速攻持ちのクリーチャーを叩きつけたり、龍王達を再びタルキールの空に呼び戻す事ができます。
ヴリンの神童、ジェイスを用いた青黒リアニメートなんかは中々面白く、精神壊しの悪魔、氷瀑の執政、龍王シルムガルといった優秀で、かつ並ぶと強力な飛行生物を展開し、末永くをカウンターされたとしても、それは束縛なきテレパス、ジェイスによって何度も唱えられるのです。
ウルヴェンワルドのハイドラ、ギトラグの怪物、精神壊しの悪魔と並ぶマナカーブにも、末永くは非常によくマッチしますし、龍王コラガンや戦場に向かうもの、オリヴィアなどと他のクリーチャーを一緒に戻して瞬時に10数点のライフを奪う事も可能でしょう。



個人的な注目カードはこの辺りでしょうか。
発売日が待ち遠しいですね。また何か書きたくなった時にふらりと更新されるでしょう。おやすみなさい。

posted by リア at 08:06| Comment(0) | MTG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。