2012年10月09日

コメント返信


・エクストラパック後の櫃
申し訳ありませんが、茨城CSを焦点に調整をしているので、ちょっと書けないです。
櫃を採用する基準ですが、『カードが届くまでの生存が可能か』『届いた後に攻められる余力を残せるか』の2点が重要になります。
あと、初手にある時とそうでない時で強さが違うので、採用する場合は基本的に3枚固定です。これは変えないと思います。



・M7とヒアデス

今回のメインの構築段階で採用を考慮すらしていませんでした。スペースについてもそうですが、得られるリターンがないに等しいのが最大の理由です。
ヒアデスに関しては、実質ランク3の素材でM7を出せるという解釈での採用が可能ですし、弱いとは思っていないのですが、セイクリッドのエクシーズに重ねて出した際のM7の弱さが際立ちます。
ヒアデスの条件の光属性・レベル3モンスター二枚は、ルミナス+オルクスかルミナス×二枚の消費ですが、この消費はリヴァイエールからのキル等、非常に大きいダメージを見込める動きです。
また、この場合のM7が弱い理由として、相手にコントロールを奪われる危険性が上げられます。
マーメイル、マシンビート、ガジェといったデッキはビッグアイを採用しています。目の前に素材を3つも持ったM7が棒立ちしていたら、それは彼らに極上のディナーを提供してしまうのです。
また、TGデッキにはTG1−EM1があります。これも回避が非常に難しいカードです。
1ターン維持するには相応の手段が必要ですが、こういった手段に対しての防御を殆ど持てないのもライトロードの弱みです。
そして、1ターンM7を維持できるほど余裕があるのなら、同様の手段でランク3,4を並べておけば、もう相手の詰みが見えるのです。

これがこの2枚を採用しなかった理由です。
セイクリッド・オメガを採用していた理由はもっと別で、転移や脱出といった除去手段を無視して一方的にギアギガントを倒せる事の一点です。

ただ、M7に関しては非常に強いカードですので、直接ランク6を出せる手段を見つけては試験的に採用しています。
前環境であれば、ソーサラー+ディアボリックガイのアドバンテージ回収性能を買って、事故のリスクを無視してランク6を目指す構築をしていたりもしていたので、そういったものであればM7は非常に強力な味方になってくれるはずです。



・ひぽひでさん

お言葉ありがとうございます。
世間的なライトロードとはおそらく勝手も念頭に置く行動も違いますけど、きっと新しい何かに繋がっていると思います。
僕自身、偉大な先人達の構築があったからこそ、今日の結果を得られたと思っています。僕からも応援させていただきます。



・HAのEU版の見分け方

北米版のものは、絵柄の周りの枠が平淡になっています。
僕のツイッターではそういった比較画像を度々アップしているのですが、今回のLCYWのカードの枠の色の比較などがわかりやすいかと思われます。
EU版は非常に反りにくいので、絵柄側を上にしてUの字に大きく反っている物は、殆どが北米版です。
また、紙質もEUの方が硬いです。
posted by リア at 17:12| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
回答ありがとうございますm(_ _)m

参考になりました。

それとゼピュロスのルミナスライラで伏せを牽制し、通ればルミナスを戻しつつダイガスタエメラルで損失を穴埋めするとありますがどうゆう事でしょうか?

理解力無くてスイマセン(汗)

Posted by 裁き at 2012年10月09日 19:21
ライトロードのサイドチェンジって難しいと思うんですが、基本的に抜くカードを教えてほしいです。
Posted by ポッピー at 2012年10月18日 22:40
連コメすいません(汗)

ライロにお触れか聖槍ならどっちがいいですか?

違いなどあれば教えてほしいです。
Posted by 裁き at 2012年11月03日 00:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。