2012年08月08日

ヴォーティマー

・G0
ヴォーティマー。
G1あり、G2かG3ありならG1ライド即決。
G1あり、G2もG3もなしなら、無理にG1ライドするかはたまに疑問。乗りますけどね。

メッセンジャー。
FVとしてではなく、R用。
デューク裏に置く、Rのコストで飛ばさない側に置いてトリガーを乗せ、4回目の攻撃からペリノアチャンスを狙う四次元殺法などの使い方をする。
下手なG1より強い代わりに、トムに対して弱くなる。

・G1
ヴォーティマー。
すれいがるの枠に入る感じ。

ガレス。
4入れたいけど、固定ラインに置ければ良いので、限数も普通にある。
トリガーと並べて13kが極めて重要である。

マルク。
スペリオルコールしちゃうから、3だと不足する事も多いので4。

ブレッシングオウル。
対クロスライドやマジェ。よく場を開けるため
、コール場所に困らないのと、デューク13k化、18Kを満たせない場合の底上げの意味が大きく、トリガーと並べれば11kなので、ガード値を削る最低限の仕事も可能。
これを弱いと切り捨てる人にヴォーティマー語って欲しくないけど、今不採用。

ニムエ。
序盤のスペリオルでめくってガレスと並ぶとヴィヴィアン級の仕事は可能。
序盤のアドバンテージ重視していくなら、十分採用できるレベル。相応のリターンを期待できる。

ディンドラン。
ニムエと同じく、前半のラッシュで強い。
ブレッシング、ディンドラン、ニムエは同一の立ち位置であると思う。
手札に来た際に一番弱いのはディンドランなのは言うまでもないけど、光ってるのはこれだけ。

トロン。
よわぽよ。

・G2
ヴォーティマー。
これが初手に持てるようなマリガンがベスト。デュークの強さを左右するから、これがないと途端に不利に。
G1でめくった場合、どちらもなくてG3他にあるならこれを選択する。

ロップイヤー。
ドロートリガーの多い構築でなら序盤から飛ばしやすいのが利点。
コール能力はヴィヴィアンに圧倒的に劣る。サブG3にエイゼルを置くなら、嵩張ったG3をブースターに変えられるので、相応のリターンはある。

ヴィヴィアン。
ペリノアとの組み合わせが強力。
先攻3パン、後攻時のペリノアチャンスを緩いコストで行える他、ヴォーティマーの失敗時にもカードパワーが変わらない。
ロップイヤーとの併用はボーマンを犠牲にする必要が出るため、ヴォーティマーではオススメしない。

ボーマン。
クロスライドを視野に入れた場合、ガレス前やブレッシングオウルのパンプ含めて一番強いカード。
先攻3パンや、後攻時の単体で5k要求など、ないと困る場面が多く出たけど、枠無い時に削るカードは大体これになる場合が多い。

エレファス。
資源ゴミ。

・G3
デュークドラゴン。
かっこいいから4。

エイゼル。
CBを使い切る事ができるG3。

ガルモール。
ヴォーティマーに入れるより、別で組んだ方が強いので、使うならヴォーティマー崩す事を
オススメしています。

マナヴィダン、デストロイヤー。
すれいがるないとあんまり。

ペリノア。
ヴォーティマーと一番噛み合ってるように見えるG3。
エイゼルやガルモールよりも、めくれた際のリターンを重視していくならこれ。
後攻でも先にG3乗れる可能性すらある。
プレイングが他とかなり変わるものの、LBでごり押しするのも有効で、CBを問わない点はエイゼルやガルモールより便利な場合が多い。



総評:ガルモールで良い
posted by リア at 16:13| Comment(0) | ヴァンガード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月30日

ヴァンガードいらないものリスト

スカーレットウィッチココ SP 2枚
爆炎の剣士バロミデス RRR 4枚
リーブスミラージュ 7枚
チアガールマリリン 1枚
魔の海域の王 バスカーク 4枚
スカルドラゴン 2枚
スペクトラル・デューク RRR 1枚
くーんがる 10枚
posted by リア at 23:25| Comment(1) | ヴァンガード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月09日

ゴールドパラディンの話

サンプルレシピ。

■グレード 0
1 x 紅の小獅子 キルフ
4 x フレイム・オブ・ビクトリー
4 x エリクサー・ソムリエ
4 x サイレント・パニッシャー
4 x 武器商人 グイディオン
■グレード 1
4 x すれいがる・ダガー
4 x 光輪の盾 マルク
4 x 美技の騎士 ガレス
2 x シルバーファング・ウィッチ
1 x 断崖の旋風 サグラモール
■グレード 2
4 x 聖弓の奏者 ヴィヴィアン
4 x 神技の騎士 ボーマン
3 x 守護聖獣 ネメアライオン
1 x 軍旗の騎士 ロディーヌ
■グレード 3
4 x 灼熱の獅子 ブロンドエイゼル
2 x 大いなる銀狼 ガルモール



・G3
圧倒的な強さのスペクトラル・デュークは現在仕えないので割愛。
エイゼルかガルモールかが、現在のゴールドパラディンの基本と言えます。

エイゼルの利点は、ほとんど騎士王をライドする理由に近しいものです。
CBを如何に余すことなく使い切るか、と言うのはヴァンガードの大切な要素の一つだと考えていますし、現状それをゴールドパラディンで能動的に可能とするのはエイゼルのみです。
CBを利用できるゴールドパラディンは少なく、V以外で消費できるユニットではヴィヴィアン、エレファス、すれいがる各種、ハウガン等、タイミングの固定されたものや範囲が弱いものが多く、使いやすいとは言い難いのです。
更に、ガルモールで二回目のCBを使うには再ライドするしかなく、4ダメージ時点であればエイゼルは再ライドなしにCBを使い、スペリオルコールできます。消費が単純に1枚少なくて済むのです。
また、ガルモールのライド時にCB2を支払うというのは、後に書きますが、ヴィヴィアンとも少し相性が悪くなる結果になります。

ガルモール最大の利点はランダムではない事です。
明確にやりたいことをできる事は、ヴァンガードにおいてどれほど強力であるかは、騎士王が証明している通りですね。
要所にガレスやネメアライオンを置くことができるのは強力で、10kVの弱みである防御面を克服できます。

僕がガルモールにライドした試合は必ずと言って良いほど負けています。

・G2
ボーマンはキルフスタートの際はG3と同義です。
先攻時に暴力的な強さになります。相手はG1なのに、こちらはもうツインドライブができるからですね。
で、ヴィヴィアン4枚。これはG2ライドターンにボーマンが居ない場合に、ガードを切ってもらうかR1枚追加の2択を迫る行為が強力であるからです。
問題はCB1である事。先攻時は相手がG1にライドしてのワンパンが殆どで、1回は起動できるとします。
が、相手のG2ライドターンもわりとワンパンが多いのです。
自分が前衛Rを出していれば、3ダメージ目を入れずにRに攻撃を受ける事もあり得ます。
CB2がない状態でガルモールへライドするのはものすごく弱いです。デスレックスくらい。
そこで名前が挙がるのがトリップです。が、これもVヒット時のみ。かつ、先にも書いた通りガルモールでCBを消費するには再ライドしかなく、これを現実的と見ることはできません。

 例として
ヴィヴィアン トリップ なし
下がったFV なし   なし

という場が成立したら、僕は非常に強力だと思います。
ヴィヴィアンがニムエでも成立するので、実質トリップさえ引ければ、CB消費をけしつつ展開もできるのでしょうが、トリップの攻撃前にトリガーが出てしまうと話が変わってしまいます。
相手がトリガーをめくらない前提のプレイはないも同じです。ヴィヴィアンでめくれるものが毎回ガレスとも限りませんし、もし毎回ガレスをめくれるならエイゼルを使うほうが遥かに効率的です。
トリップを積んだゴールドパラディンは、カースドランサーを積んだシャドウパラディンによく似ているように思います。双方、明確な目的がないなら入れたくないです。
ほんと、ベリコやカルラはなんであんなに使いやすいんでしょうね。

さて、僕はエイゼル4、ガルモール2という構築をしている訳で、そこにはエイゼルの効果でカードをめくる事でアドバンテージを取って優位に立つという意味が多く含まれる訳です。
つまり、可能な限りエイゼルでめくれて強いユニットを採用するべきであるのです。
内G2はエイゼルの効果を使う際に何がめくれても大丈夫なように、前衛を空けるためにインターセプトしやすいユニットである事が肝要。それがまあ、ネメアさんの役割です。
ネメアライオンにはもう一個、オラクル戦で頑張っていただくという役割もあったりします。本当にトムが無理なので。

・G1
固定枠8のガレスとマルク。
後はCB1で9kブーストのダガー。結構この9kブーストは便利で、チャリオットナイト入りなら20kラインを形成しやすくしたり、クロスライド想定でトリップをブーストして18kラインを形成できます。
と書くと聞こえは良いんですが、意味はあんまり。とりあえず一番マシなG1入れてるだけです。

・プレイに関して
Vエイゼルが基本として、キルフはV裏が安置。
これはRだと16kを作れずに苦労する場面ができるのに対して、エイゼルの裏なら16k〜20kという数値をキープでき、一番リスクが少ないのが理由の一つ。
もう一つはヴィヴィアンにライドした際にブースターをコールする必要がなくなる点。どうせなら消費は最小限が良いですしね。

マリガンは普通に。
特殊例として、先攻でボーマンを初手に握った場合はG1とボーマン残し3チェンジ。G3でエイゼル握れてるなら残し。
先攻でガレス持ちなら、G1とガレス残して全部。G2、G3が悪くないならボーマン引ければいい程度で1チェンジも。
先攻でガレスボーマン揃っているなら、ガレスボーマンG1残し。G1がガレスしかない場合はボーマンガレス以外全チェンジ。

スペリオル成功時は、ストレートに成功したリヴィエールよりも強いので、先攻なら積極的に狙うのが、キルフスタートのコツかと思います。
posted by リア at 19:59| Comment(0) | ヴァンガード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月15日

シャドウパラディンの話

■グレード 0
1 x フルバウ
4 x デスフェザー・イーグル
4 x アビス・フリーザー
4 x アビス・ヒーラー
4 x グリム・リーパー
■グレード 1
4 x 黒の賢者 カロン
4 x 暗黒の盾 マクリール
4 x ブラスター・ジャべリン
1 x アポカリプス・バット
1 x ナイトメア・ペインター
■グレード 2
4 x 虚空の騎士 マスカレード
3 x 漆黒の乙女 マーハ
3 x 暗闇の騎士 ルゴス
1 x ブラスター・ダーク
■グレード 3
4 x ファントム・ブラスター・オーバーロード
4 x ファントム・ブラスター・ドラゴン



使ったやつです。
適当に解説的な。

・G1
8000が4枚。6000が9枚。4000が1枚。
アリアンロッドも欲しいんですが、Rを殴られやすいという構造上、G2に枠を割く必要性と、前衛を切りにくいので、今回は入れてません。ジャベリンを抜きたいです。

・G2
ルゴスを追加。ヴァハがクビに。
かげろう戦で18000ラインを構成するのに、9000打点ではシャドウパラディンのカードプールではどうにもなりません。
また、9000はクロスライドしたジエンド+エルモに狩られやすかったり、バーニングホーン+ゴジョーに殴られたりで、守る余裕がありません。
これも前衛を殴られやすいという性質上、厳しいデメリットなので、ルゴスにとって変わることになりました。

・G3
4:4という。
PBDはルゴスと同様で前衛コールとか積極的にするので削れず。
PBOは削る理由が見当たらないですよね。シャドウパラディンの唯一の長所ですしね。

・ライン形成

■対10kV
V=PBO+カロンの21k
R=マスカレード+カロンの20k
R=PBD+アポカリプスSBで20k

■対11kV
V=PBO+カロンの21k
R=PBO+アポカリプスSBの21k
R=マスカレード+アポカリプスの16k(SBできなくなったら考慮、PBO引くまでの繋ぎ)
カロン立ててるラインは適当な前衛ならなんでも。
ペインター、マクリール立ててるラインは10kオーバーならなんでも。マーハはライン形成後はガードに使う以外は前衛居ない限りコールする必要性はないです。

■対13kV
全ライン18を目指すだけでいいです。

■かげろう戦
エルモジエンドの19kラインを組まれた場合、前衛に9kを立てるのを控え、10kを守りながら戦う形を取るのがいいです。
バージエンドと組まれた場合、諦めていいです。
この場合、前衛の9kはほぼ使い捨てになるのも覚悟しないといけません。

■オラクル戦
G2ライドターンにRを一枚置いて2枚で叩けるのがベストです。
確実にダメージをいれていかないと、ツクヨミから展開されて負けます。
13kは意識してる構築が多いですから、11kで叩き、カロンを無理なく置けるなら13kを目指す形のプレイを取るといいでしょう。
13kを無理にでも置かないといけないのは、ジェミニトムを見てからでも遅くはないですし、そうなった場合に対応しやすいように、G0から使っておくといいですね。

■マジェスティ戦
二枚以上のガードを使わないようにすることと、マーハ以外は9k単騎に攻撃されないようにしてマジェの完成までプレイして、マジェの一段目をきっちりマクリールで防げば、意外とガードしきれるので何とかなります。

こんな感じでしょうか。
G3ライドターンに無理に展開せず、二枚程度のコールで抑えて、段階的にユニットを置いていけば、そこまで劣勢になることはないと思います。
posted by リア at 01:20| Comment(0) | ヴァンガード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月23日

VG:トリオ地区予選岡山使用デッキ

■グレード 0
1 x どらんがる
4 x アラバスター・オウル
4 x 未来の騎士 リュー
4 x 世界樹の巫女 エレイン
4 x 幸運の運び手 エポナ
■グレード 1
4 x 探求の騎士 ガラハッド
4 x 閃光の盾 イゾルデ
4 x 小さな賢者 マロン
3 x ぽーんがる
■グレード 2
4 x ブラスター・ブレード
3 x 試練の騎士 ガラハッド
2 x 沈黙の騎士 ギャラティン
1 x ハイドッグブリーダー アカネ
■グレード 3
3 x 爆炎の剣士 バロミデス
3 x 騎士王 アルフレッド
2 x ソウルセイバー・ドラゴン
posted by リア at 22:41| Comment(0) | ヴァンガード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。