2012年10月09日

コメント返信


・エクストラパック後の櫃
申し訳ありませんが、茨城CSを焦点に調整をしているので、ちょっと書けないです。
櫃を採用する基準ですが、『カードが届くまでの生存が可能か』『届いた後に攻められる余力を残せるか』の2点が重要になります。
あと、初手にある時とそうでない時で強さが違うので、採用する場合は基本的に3枚固定です。これは変えないと思います。



・M7とヒアデス

今回のメインの構築段階で採用を考慮すらしていませんでした。スペースについてもそうですが、得られるリターンがないに等しいのが最大の理由です。
ヒアデスに関しては、実質ランク3の素材でM7を出せるという解釈での採用が可能ですし、弱いとは思っていないのですが、セイクリッドのエクシーズに重ねて出した際のM7の弱さが際立ちます。
ヒアデスの条件の光属性・レベル3モンスター二枚は、ルミナス+オルクスかルミナス×二枚の消費ですが、この消費はリヴァイエールからのキル等、非常に大きいダメージを見込める動きです。
また、この場合のM7が弱い理由として、相手にコントロールを奪われる危険性が上げられます。
マーメイル、マシンビート、ガジェといったデッキはビッグアイを採用しています。目の前に素材を3つも持ったM7が棒立ちしていたら、それは彼らに極上のディナーを提供してしまうのです。
また、TGデッキにはTG1−EM1があります。これも回避が非常に難しいカードです。
1ターン維持するには相応の手段が必要ですが、こういった手段に対しての防御を殆ど持てないのもライトロードの弱みです。
そして、1ターンM7を維持できるほど余裕があるのなら、同様の手段でランク3,4を並べておけば、もう相手の詰みが見えるのです。

これがこの2枚を採用しなかった理由です。
セイクリッド・オメガを採用していた理由はもっと別で、転移や脱出といった除去手段を無視して一方的にギアギガントを倒せる事の一点です。

ただ、M7に関しては非常に強いカードですので、直接ランク6を出せる手段を見つけては試験的に採用しています。
前環境であれば、ソーサラー+ディアボリックガイのアドバンテージ回収性能を買って、事故のリスクを無視してランク6を目指す構築をしていたりもしていたので、そういったものであればM7は非常に強力な味方になってくれるはずです。



・ひぽひでさん

お言葉ありがとうございます。
世間的なライトロードとはおそらく勝手も念頭に置く行動も違いますけど、きっと新しい何かに繋がっていると思います。
僕自身、偉大な先人達の構築があったからこそ、今日の結果を得られたと思っています。僕からも応援させていただきます。



・HAのEU版の見分け方

北米版のものは、絵柄の周りの枠が平淡になっています。
僕のツイッターではそういった比較画像を度々アップしているのですが、今回のLCYWのカードの枠の色の比較などがわかりやすいかと思われます。
EU版は非常に反りにくいので、絵柄側を上にしてUの字に大きく反っている物は、殆どが北米版です。
また、紙質もEUの方が硬いです。
posted by リア at 17:12| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月02日

使用デッキの話

モンスター(31枚)
冥府の使者ゴーズ
増殖するG×3枚
裁きの龍(ジャッジメント・ドラグーン)×3枚
ライトロード・モンク エイリン
ライトロード・マジシャン ライラ×2枚
ライトロード・ビースト ウォルフ×2枚
ライトロード・ハンター ライコウ
ライトロード・パラディン ジェイン
ライトロード・ドルイド オルクス
ライトロード・サモナー ルミナス×2枚
ライトロード・ウォリアー ガロス
ファントム・オブ・カオス
ネクロ・ガードナー×3枚
トラゴエディア×2枚
ダーク・アームド・ドラゴン
カオス・ソルジャー −開闢の使者−
カオス・ソーサラー
カードガンナー×2枚
オネスト
BF−精鋭のゼピュロス

魔法(11枚)
封印の黄金櫃×3枚
大嵐
死者蘇生
光の援軍
闇の誘惑
ブラック・ホール
ソーラー・エクスチェンジ×3枚

罠(0枚)

エクストラデッキ
No.16 色の支配者ショック・ルーラー
No.17 リバイス・ドラゴン
No.50 ブラック・コーン号
インヴェルズ・ローチ
ガガガガンマン
キメラテック・フォートレス・ドラゴン×2枚
ジェムナイト・パール
セイクリッド・オメガ
ダイガスタ・エメラル
ラヴァルバル・チェイン
輝光子パラディオス
虚空海竜リヴァイエール
交響魔人マエストローク
発条機雷ゼンマイン

サイドデッキ
エフェクト・ヴェーラー×2枚
サイクロン×2枚
サイバー・ドラゴン×3枚
システム・ダウン
マインドクラッシュ×2枚
禁じられた聖槍×3枚
時械神メタイオン
転生の予言
posted by リア at 00:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月28日

ジャパニーズSHINOBI

モンスター(15枚)
白竜の忍者×2枚
忍者マスター HANZO×3枚
赤い(レッド)忍者×2枚
成金(ゴールド)忍者×2枚
神炎皇ウリア
渋い(シルバー)忍者
機甲忍者フレイム×2枚
カラクリ忍者 参参九×2枚

魔法(8枚)
大嵐
増援
死者蘇生
強欲で謙虚な壺×2枚
機甲忍法ゴールド・コンバージョン
簡易融合(インスタントフュージョン)
オレイカルコスの結界

罠(17枚)
忍法 分身の術×2枚
忍法 超変化の術×3枚
奈落の落とし穴×2枚
聖なるバリア−ミラーフォース−×2枚
神の宣告
激流葬×2枚
機甲忍法ラスト・ミスト
安全地帯×3枚
スターライト・ロード



エクストラパックのカードで遊戯王シリーズ1、忍者デッキ。ファンデッキ的なあれです。
普段カクレンジャーデッキとか言ってるあれです。

基本的な戦法は、白竜の忍者と安全地帯による間接的なロック。
これにラストミストやオレイカルコスが加わる事で、戦闘面でも無敵に近い状態でモンスターを責める事が出来ます。
SHINOBIの術といえば、変化の他にも、分身の術があるんですが、この分身は非常に強力です。
例えば、HANZOは三三九と赤い忍者になります。
この二枚を反転すれば、相手のカードを二枚も破壊できます。
消費はHANZO召喚のたった1枚。これだけで相手の罠と表側のモンスターを処理し、デッキを圧縮し、更には手札にきた白竜の忍者のリリースにできるのです。

また、成金忍者も非常に強力です。
HANZOは特殊召喚されると共に、あらゆる忍者に伝令し、彼らはその呼びかけによって手札に駆けつけます。
成金忍者が自らを出せば、輝光士パラディオスがあらゆる敵をなぎ払います。
機甲忍者フレイムは成金忍者をレベルアップさせ、ギルティアと共にクリムゾンシャドーを呼ぶことでしょう。このデッキにおけるクリムゾンシャドーは、ウリア以外の全てを破壊から守り、速やかに相手の命を奪います。
もし成金忍者が場に残るようなことがあるならば、特殊召喚されたHANZOは全てのSHINOBIの長たる渋い忍者を呼ぶことでしょう。この渋い忍者がリバースした時、死んだはずの忍者が一瞬で戦場を埋め尽くすのです。もちろん、三三九や赤い忍者はその時も相手の場のカードを速やかに暗殺していく事でしょう。

万策尽きるとも、このデッキには恐るべき守りも存在します。
三三九は安全地帯に潜むことで、攻撃を受けても守備になり、プレイヤーを戦闘から完全にシャットアウトできるのです。

以上が、SHINOBIデッキの簡単な説明です。
興味がある方は是非に。かなり面白いです
posted by リア at 10:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月21日

ヴァンピーアレジー

■グレード 0
1 x デビル・イン・シャドー
4 x 悪夢の国のダークナイト
4 x ヒステリック・シャーリー
4 x カースド・ドクター
3 x ブリッツ・リッター
1 x 悪夢の国のマッドハッター
■グレード 1
4 x イエロー・ボルト
4 x 逢魔ヶ刻の魔走バイク
4 x 悪夢の国のマーチラビット
2 x 誘惑のサキュバス
■グレード 2
4 x 媚態のサキュバス
4 x 退廃のサキュバス
3 x ブルー・ダスト
■グレード 3
4 x ブレイドウイング・レジー
4 x シュティル・ヴァンピーア



お気に入りです。
次はFV4枚構築したい。レジー使うなら。
posted by リア at 03:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月19日

使ったライトロード

モンスター(30枚)
冥府の使者ゴーズ
増殖するG×3枚
裁きの龍(ジャッジメント・ドラグーン)×3枚
ライトロード・モンク エイリン
ライトロード・マジシャン ライラ×2枚
ライトロード・ビースト ウォルフ×2枚
ライトロード・ハンター ライコウ
ライトロード・パラディン ジェイン
ライトロード・ドルイド オルクス
ライトロード・サモナー ルミナス×2枚
ライトロード・ウォリアー ガロス
ファントム・オブ・カオス
ネクロ・ガードナー×3枚
トラゴエディア×2枚
ダーク・アームド・ドラゴン
ジャンク・シンクロン
カオス・ソルジャー −開闢の使者−
カオス・ソーサラー
オネスト
BF−精鋭のゼピュロス

魔法(10枚)
大嵐
死者転生
死者蘇生
光の援軍
闇の誘惑
ブラック・ホール
ナイト・ショット
ソーラー・エクスチェンジ×3枚

罠(1枚)
狡猾な落とし穴

エクストラデッキ
A・O・J カタストル
No.16 色の支配者ショック・ルーラー
No.17 リバイス・ドラゴン
No.50 ブラック・コーン号
インヴェルズ・ローチ
ガガガガンマン
キメラテック・フォートレス・ドラゴン
ジェムナイト・パール
セイクリッド・オメガ
ダイガスタ・エメラル
ブラック・ローズ・ドラゴン
ラヴァルバル・チェイン
輝光子パラディオス
虚空海竜リヴァイエール
発条機雷ゼンマイン



自分のミスがあまりに多く、成績を残せなかったことがチーム組んだ二人とデッキに申し訳なかった。
サブトナメは本気で初手から目を背けたくなるレベルでした。それでも、もっと上手く出来たのではないかと思うと、悔いが残ります。
この形式のまま使うかはわからないので、参考までに。
エクストラデッキのカードは本戦で5枚くらいしか使ってませんが、これ以外が必要になる場面は殆どないかと思います。
では。
posted by リア at 01:44| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。